スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハンドル高さ調整 in ラパンSS
2010年08月03日 (火) | 編集 |
私はもともと運転する時のハンドルの位置はかなり低い位置が好みです。
以前のミッション車の時も、ハンドルと足のももが当たるぐらいまで下げていました(私のももがでかいだけかもしれませんが。。。)

が、しかし、私のラパンSSにはハンドルの高さ調整、いわゆるチルト機構がついていないため高さが変えられません
そのため、私にはハンドル位置が高く、長く運転していると肩がこってしまいました。。。

そこで世界の英知、インターネットに尋ねて(検索)してみたところ、ハンドルを支えているネジにワッシャーを挟んで位置を調整されている方を発見。

早速、マネさせて頂きました
※あくまでも私が作業した記録ですので、参考にされる方は自己責任で作業をお願いします。

ハンドルを下げる1
いきなりハンドルを支えているネジを外した写真です。
というか写真を撮るのを忘れてました

簡単に書くと4本あるネジを外してハンドル奥のカバーを外し、奥をのぞくとハンドル部分をネジ止めしてある部分がこれまた4箇所ありますので、それを外した状態です。

結構重い部分ですので作業は徐々にネジを緩めながら慎重に行いました。

ハンドルを下げる2
いったん外したネジの奥にワッシャーを2枚挿入し、元通りハンドルをネジ留めしました。
なかなかハンドルが重くネジ穴合わせに苦労したせいで、ワッシャーが何度も落下し一からのやり直しを余儀なくされました
ハンドルを下げる3
↑ちょっと離れてみるとこんな感じ

あとはネジをちゃんと締めあげて、元通りにカバーをかぶせて行きます。
ハンドルを下げる4

ハンドルを下げる5

ハンドルを下げる6
終了です

ハンドルを下げたせいでメーターとの間に隙間があきましたが、全然問題なしです!!
ハンドルを下げる7

しかし、たった数ミリ下げただけなのですが、かなり私にはベストなポジションになりましたよ
これでリラックスして運転ができます。

とても暑い中、汗を大量にかきながら作業したかいがありました!
試運転で家の周りを一周したのですが、かなり操作性がよくなりましたよ!

操作性向上のため、今度はクイックシフトでも導入しようかなぁ~。。。
けど高いから簡単には手を出せません

スズキスポーツ ラパンSS/Kei MT車用 SSシフター

スズキスポーツ ラパンSS/Kei MT車用 SSシフター
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。