スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大分家族旅行 in 糸ケ浜オートキャンプ場 1日目
2010年08月17日 (火) | 編集 |
パパの夏休みに合わせて8月12~14日で大分に行ってきました

今回の旅の目的はキャンプ・海・ハーモニーランド・アフリカンサファリ

なかなかの欲張り旅行です
まずは荷造りをして出発です!
糸ケ浜キャンプ場1
写真は旅行途中に撮ったものですが、今回の旅行用に取り付けたキャリアのおかげで室内ひろびろ
物が落ちないようにゴムやネットでしっかり縛ったため、準備には時間がかかりましたが、その分走行中はビクともせず、安心して運転が出来ました
しかし、屋根の上に荷物を載せると重心が上がって少し不安定になるようです。。。安全運転を心掛けなければですね

途中、昼食も兼ねて道の駅 あさじに寄りました。
糸ケ浜キャンプ場2
ここは裏に少々子どもが遊べるところがあり、子どもたちにはなかなか受けが良かったです。
糸ケ浜キャンプ場3
が、目的地は大分です!
誘惑に負けずに(けど少しだけ遊んで)弁当を食べて出発しました。

道の駅を出てしばらく進んでいると右手にうちのナビ(2000年版)には乗っていない道が。。。

千歳大野道路というバイパスらしく、高速道路のような道が大分市内まで開通しており、こちらを通ったことによりナビでの到着時刻が1時間半ほど短縮できました

とそんなこんなで午前10時に家を出発し16時に目的地の糸ケ浜オートキャンプ場に到着です
途中の買い物等の時間を省いても3時間半の車の旅
さぞ子どもたちは疲れているだろうと思いきや。。。海を見てテンションMAX
海に早く早くとせかします
急いで設営して海に行かねば!!!

ちなみに今回はわが家初のオートキャンプ区画を予約して行きました。電源なしで1日3,000円(電源ありは3,500円)
理由は1区画が広いこととオートキャンプ区画のみ入口に柵がしてあり、一般の人が入られないようにしてあったからです。
他の方の体験談を拝見させて頂いていたところ、フリーサイトは海の目の前で特に入場規制も無いため、夜に若者が騒ぐからやめた方がいいとの話があり、小さい子どもがいるので安全を考えてこちらにしました。。。これについては後ほど。

入口の柵のカギはチェックイン手続きの際に貰い、帰る際に返します。
柵といってもチェーンを南京錠で止めるもの。出入りするときは南京錠を解除してチェーンを外します。(通ったらすぐに施錠し他の車が入らないようにします)

話は戻して到着から1時間半、区画が広いため、風の通りなどをあ~でもないこ~でも無いと考えながらやっと設営が完成しました
糸ケ浜キャンプ場4
手前がテント、奥がスクリーンタープです
区画が広いのでテントがあと2つほど張れそうでした!団体でのキャンプにも使えそうです。

設営が終わったころには日も少し暮れかかっていたのですが、海に行かなければ収まらない子どもたちがいたので子どもたちだけ水着に着替えて海にGO!!

労働の後の海は気持ちいいぃぃぃ~
親は足だけでしたがかなりクールダウンできました
そして子どもたちは当然大はしゃぎ!!
糸ケ浜キャンプ場7

一番下の次男は潔癖症らしく、草履に砂が入るのがお気に召さなかったらしく、ママにつかまって何度も何度も草履を海ですすいでいました。
糸ケ浜キャンプ場6
が、すぐに波が来てまた汚れる→また洗う→また汚れる。。。。の無限ループでした

ここの海は浅瀬が広く波もそれほど高くないので小さいお子さんがいる家族にはお勧めです

40分ほど海で遊んで撤収しました。
このときは丁度、引き潮で引いた海岸には大量のカニがおり、わが家が歩くと一斉に逃げて行きます
糸ケ浜キャンプ場5
まるでトトロの”まっくろくろすけ”みたい

そして動物&虫嫌いの次男は。。。
糸ケ浜キャンプ場8
泣き出して動けなくなり結局、長女におんぶしてもらってました
それにしても長女、親からみて本当に助かります。ありがとう!!

「さーテントに戻ってお風呂にでも行こうかねぇ~」と自分達のテントに戻ったところ事件が!!

なぜかわが家のテントを張っている区画の目の前の道路(オートキャンプ敷地内)でバーベキューの準備をしている若者集団(男5人ほど)が!!
私達の顔を見るなり挨拶をしてきたので悪い子たちではなさそうでしたが(見た目は十分悪そうでしたが。。。)食材の中にはお酒も当然あったため、
「夜中までテントの前で騒がれると困るなぁ~。。。そもそもオートキャンプ敷地内って借りてる人以外、入れないんじゃなかったの??」
ということで管理棟に相談。
やはりオートキャンプ敷地内での利用者以外の使用はNGとのことで、早速管理人の方々に撤去勧告を行って頂きました、感謝感謝
若者たちも特に抵抗することなく場所を変えてくれました、ごめんね

その後、近くのホテル「ソラージュ」の温泉で疲れを洗い流し、簡単なレトルトで夕食を済ませました。

そしてその後、本日のもう一つの子どもたちの楽しみ。。。花火を海岸でしました(花火は海岸であればOKでした 管理人さん確認済)

糸ケ浜キャンプ場9 糸ケ浜キャンプ場10
遠くの海岸では若者たち(さっきとは別グループ)が打ち上げ花火をしていてタダで堪能できました

ということで子どもたちはここで本日は終了

ここからは大人タ~イム

それから何をしたかといいますと。。。なんと今日はペルセウス座流星群が一番よく見える日でしたので、三脚と一眼レフカメラで初の星撮影を行ってみました

結果は。。。星って撮るのが難しいですね
結局全然撮れませんでした
あとあまり空が澄んでなかったようで、流れ星も3つほどしか見れませんでした

ということで星を見ながらビールを大量に飲んだのであっさりとダウンしてしまいました。

しかし海岸では夜中1時前後まで花火や若者たちの騒ぎ声が聞こえてました。
やっぱりオートサイトで良かった~これを目の前で聞かされたらたまらんだったバイ

※キャンプ場メモは最終日のブログに書く予定です

ニコン ニコン デジタル一眼レフカメラ D90レンズキット(AF-S18-55VR付) D90LK18-55

ニコン ニコン デジタル一眼レフカメラ D90レンズキット(AF-S18-55VR付) D90LK18-55
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。